読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

シュタイナー・アントロポゾフィー

えいごのいずみからのお知らせ

シュタイナー教育のことが途中になったままで、怒濤の確定申告週間に突入してしまい、あっという間にいろいろな締め切りが明日、明後日になってしまいました。 以下、お知らせ等、失礼いたします。 ⭐️まず、業務連絡⭐️ 昨日、お問い合わせいただいたM様、お…

シュタイナー教育について(2)

「学校へ行きたくなかったら図書館へおいで」と、夏休み明けの子どもへメッセージを出してくれた司書さんがいましたが、競争原理で支配しようとしたり、枠に嵌めようとする場所は、辛い場所です。 そもそも、私たちは何のために学校へ行くのか。 何のために…

『えいごのいずみ蕨』シュタイナー教育について( 1 )

昔、ルドルフ・シュタイナーという哲学者がいました。1861年に生まれ、1925年没。今のクロアチア、旧オーストリアで生まれ、1919年にドイツのシュツットガルトで、ヴァルドルフ・アストリアという煙草会社の従業員の子のためにシュタイナー学校を開きました…

『えいごのいずみ蕨』始まり、始まり。

埼玉県に蕨市という小さい市があります。「わらび」と、読みます。 蕨市 - Wikipediaによれば、「全国の中で最も面積が狭く……」そうなんだ! 私の住んでいる東京都板橋区からは、車で20分くらいで駅前につきます。江戸時代の中山道六十九次では、板橋の次…

The Spirit of English 準備コース 日程変更

先日のWho am I & who are you?でチラシを配らせていただいたところ、 The Spirit of English の準備コース、土曜日毎週はムリ、というお話を何人もの方からいただいたり、その後、メールをいただきました。 ありがとうございます。 アンドリュー先生からも…

Who am I and who are you?  通訳後記

12日(日)、アンドリュー先生のWho am I and who are you? 2時間の講座で通訳でした。 会場、新江戸川公園。旧細川邸。 私は、年間数えるほどしか通訳の機会はありません。 通訳もマラソンみたいなもので、たぶん走れば走るほど慣れてきますし、その筋肉…

アンドリューに教わったこと(2)

続きです。 キリストにキスをして、「この人です」と教えようとするユダと、連れていこうとする兵士を描いた絵なのですが、こちらは、キリストが、驚いちゃってます。 「え、なに?なんなの?うわあ」って手を広げてる。あたふたしてます。 そして、こちら、…

アンドリューから教わったこと

the Spirit of Englishを2007年にとってから、その後も断続的にアンドリュー先生の旅行に参加したり、講座に出たりしてきました。 2012年、アンドリュー先生に連れられて、アイルランド旅行に行った際、最終日にカラヴァッジョの『キリストの捕縛』をアイル…

The Spirit of English 準備コース開講!

年明け、 The Spirit of Englishのお知らせを載せました。 ご覧いただけましたでしょうか。 eigo-no-izumi.hatenablog.com 書きながら、 うーん、こういう方もいらっしゃるんじゃないの?って思いました。 ・自分の英語はここに行っても大丈夫なんだろうか …

2月12日(日)アンドリュー・ウォルパート Who am I and who are you?

お知らせ続きで恐縮です。 2月12日(日)、東京で、アンドリュー先生の講座が開かれることになりました。 2時間の講座で、性(ジェンダー)について焦点を当てます。 通訳は、不肖ながら、私(山上久仁子)です。 「!」「?」と、思われた方は、お気軽…

埼玉県蕨市 『えいごのいずみ蕨』 保護者向けシュタイナー教育勉強会 

4月から、埼玉県蕨(わらび)市で、小学生の英語クラスが始まります。 1年生、2年生、3年生、4・5年生(混合)の4クラスを開講予定です。 保護者のみなさまに、『えいごのいずみ』の授業体験と、シュタイナー教育について知っていただく会を開きます…

年も明けたばかりですが、夏の講座のご案内 The Spirit of English by Andrew Wolpert

去年の講座を覚えていらっしゃる方もおいでかと思いますが、 恩師のAndrew Wolpert 先生が、夏にロンドンで2週間の講座を開きます。 その案内が届きましたので、こちらに転載します。 参加する英語のレベルは、これを読める方ということになりますので、あ…

個性の把握:シュタイナー教育の四気質

その人の個性に合わせた授業内容になるべくしたいので、 シュタイナー教育で学んだ四気質も参考にします。 これは観察によります。 気質には4種類あって、 多血質 胆汁質 憂鬱質 粘液質 多血質は、 色でいうと黄色、 蝶々のように、次から次へ関心が移って…