えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

シュタイナー・アントロポゾフィー

シュタイナー入門講座 10月22日(日)

11月19日のアンドリュー先生の講座にお申し込み下さった方で、シュタイナーのこと、アントロポゾフィーのことに馴染みのない方がいらしたので、少しご案内しようと、お誘いしています。 2時間ほど、本当にさわりの基本の「き」をお話します。 また、ア…

WHO DO I WANT TO BE? Andrew Wolpert Workshop on Sun, November 19 2017            11月19日(日)ワークショップへ追加の案内文

アンドリュー先生から次のテキストが届きました。当日の内容についてもう少しつっこんだ問いかけになっています。 ⭐️わたしは誰になりたいのだろう?⭐️ 11月19日(日)14:00~19:30 東武東上線成増駅(池袋から10分) 自分勝手な本能を克服しようとするの…

本当にのんびり子育てしたいお母さんのための講座@わらび 第2回の様子と3回のご案内

連続講座の3/5回ですが、この回からのご参加でも全く問題ありません(^^) 先週の火曜日、大人10人の水彩体験でした。 全員が初めてのぬらし絵体験で、黄、青、赤の三色を体験していただきました。 わたしは、余裕がなくて写真を撮っていなかったので…

ロンドン旅行記 2017 (3)Day1〜

BayswaterからBaker Streetは、乗り換えが一回入りますが、3駅なのですぐです。 ホテルは朝食付きではないので、Bayswaterの美味しそうなパン屋さんで朝食をとりました。といっても、私はコーヒーだけです。ここのコーヒーは美味しくて助かりました(^^)…

WHO DO I WANT TO BE? アンドリュー先生の11月19日のワークショップのお知らせ  

旅行から、13日に帰って参りました。やっと時差ぼけから3日たってリカバーしました(笑)旅行記は、また続けて書きます。 唐突ですみません。取り急ぎ、アンドリュー先生のワークショップのお知らせです。 WHO DO I WANT TO BE? 私は誰になりたいのだろう…

ロンドン旅行記 2017 (2)プリペイドSIMとシュタイナーハウス

着いたときは暗くてわかりませんでしたが、ホテルはギリシャ正教会の近くです。最寄り駅はBayswater。 パディントン駅へ、特急料金のリファンドと、SIMカードを買いに行き、そのあと、会場まで行ってみることにします。 これも近所の教会ですが、鐘が定時と…

ロンドン旅行記 2017 (1)ヒースローからロンドン市内へ

The Spirit of Englishは、アンドリュー・ウォルパート先生主催のアントロポゾフィー(シュタイナー)を背景にした英語に関するコースです。以前は1年間のコースでしたが、今回は、夏の2週間のコースとして開かれています。今日はその二日目。夕方のレクチ…

アーサー王の参考書

// もう今週の土曜日です。ロンドンのThe Spirit of Englishに高校生と行きます。 Palace Greenの近くが宿です プログラムが……見づらくて申し訳ないです…… 2日目の夜の講義に Stone Circles, Marlin, Arthur, and the Holy Grail と、あります。 2007年は、…

本当にのんびり子育てしたいお母さんのための連続講座【第2回/5回】@わらび

// // ちょっと早いですが、9月のお知らせ。よろしければ予定を入れてください。 怒涛の夏休みが終わり、こどもたちが学校へ行った後、振り返りも含めて、ご自分の時間を持ちませんか。 実習は、水彩。じっくり色と向き合います。また、気質と合わせて、こ…

七夕ウィーク⭐️えいごのいずみ蕨⭐️

// 今週の金曜日は、七夕です。 昨日は、こんな季節のテーブルにしました。 知らなかったのですが、蕨市は、たなばた祭りが盛んだそうで、 2、3年生は、七夕のお話を良く知っていました。 なので、きゃあきゃあ言いながら、水晶を並べて橋に見立て、 「か…

The Spirit of English 2017年 夏 準備編

// ここのところ小学生の話が多かったのですが、夏のThe Spirit of Englishのお話。 結局、高校生男子をひとり連れて行くことになりました。ロンドン、テロがすごいですが、大丈夫かなあ。ちょっと心配。 GW開けに飛行機取ろうとしたら、すごく高くなってて…

Lの導入

// ロウソクに火を灯します。 目を細めて炎を見てみてください。 真っ直ぐな光線が、上下に伸びるのが見えます。(やってみてね) こどもたちには、これを体験してもらった後、Lとlを書きます。 ************ 1、2年生のクラスでは、 Here we go Loo by …

えいごのいずみ蕨1・2年生と3年生クラス

昨日は、カプラで「T」の導入をしました。 これは昔、家のこどもたちにサンタさんが持ってきてくれたカプラ 子どもより背の高い(Tall) Towerができました。 これは1、2年生。 3年生はもっと高いのですが、こども抜きの写真がとれなかったのでパス。 み…

「ゲーテの自然観察」ブラジルのシュタイナー学校のレポ

昨日の「ゲーテの自然観察」に関連することが、こちらのページに出てましたのでシェアします。 dearstaff.blogspot.jp レポートの途中に職員会議の様子が出てきます。 何か問題のあった子を、先生方、職員の人がみんなで事実を観ていきます。 レポートには絵…

今日の蕨の学びの会

今日は蕨で『ほんとうにのんびり子育てしたいお母さんのための連続講座』の第一回でした。 2時間の講座です。今回は、最初なので、私がシュタイナー教育に出会った経緯などからお話した後、 ・シュタイナーの人間観、世界観が、目に見えない領域も含んでい…

本当にのんびり子育てしたいお母さんのための連続講座【全5回】

// 6月5日(月)に、埼玉県蕨市で オルタナティブ・ラボ To Be 主催の勉強会を開きます。 もう来週ですので、取り急ぎチラシのテキストを転載します。 いまのこどもは、忙しくて疲れていてかわいそう……そんな風に感じませんか? たくさんの習い事に通うよ…

えいごのいずみからのお知らせ

シュタイナー教育のことが途中になったままで、怒濤の確定申告週間に突入してしまい、あっという間にいろいろな締め切りが明日、明後日になってしまいました。 以下、お知らせ等、失礼いたします。 ⭐️まず、業務連絡⭐️ 昨日、お問い合わせいただいたM様、お…

シュタイナー教育について(2)

「学校へ行きたくなかったら図書館へおいで」と、夏休み明けの子どもへメッセージを出してくれた司書さんがいましたが、競争原理で支配しようとしたり、枠に嵌めようとする場所は、辛い場所です。 そもそも、私たちは何のために学校へ行くのか。 何のために…

『えいごのいずみ蕨』シュタイナー教育について( 1 )

昔、ルドルフ・シュタイナーという哲学者がいました。1861年に生まれ、1925年没。今のクロアチア、旧オーストリアで生まれ、1919年にドイツのシュツットガルトで、ヴァルドルフ・アストリアという煙草会社の従業員の子のためにシュタイナー学校を開きました…

『えいごのいずみ蕨』始まり、始まり。

埼玉県に蕨市という小さい市があります。「わらび」と、読みます。 蕨市 - Wikipediaによれば、「全国の中で最も面積が狭く……」そうなんだ! 私の住んでいる東京都板橋区からは、車で20分くらいで駅前につきます。江戸時代の中山道六十九次では、板橋の次…

The Spirit of English 準備コース 日程変更

先日のWho am I & who are you?でチラシを配らせていただいたところ、 The Spirit of English の準備コース、土曜日毎週はムリ、というお話を何人もの方からいただいたり、その後、メールをいただきました。 ありがとうございます。 アンドリュー先生からも…

Who am I and who are you?  通訳後記

12日(日)、アンドリュー先生のWho am I and who are you? 2時間の講座で通訳でした。 会場、新江戸川公園。旧細川邸。 私は、年間数えるほどしか通訳の機会はありません。 通訳もマラソンみたいなもので、たぶん走れば走るほど慣れてきますし、その筋肉…

アンドリューに教わったこと(2)

続きです。 キリストにキスをして、「この人です」と教えようとするユダと、連れていこうとする兵士を描いた絵なのですが、こちらは、キリストが、驚いちゃってます。 「え、なに?なんなの?うわあ」って手を広げてる。あたふたしてます。 そして、こちら、…

アンドリューから教わったこと

the Spirit of Englishを2007年にとってから、その後も断続的にアンドリュー先生の旅行に参加したり、講座に出たりしてきました。 2012年、アンドリュー先生に連れられて、アイルランド旅行に行った際、最終日にカラヴァッジョの『キリストの捕縛』をアイル…

The Spirit of English 準備コース開講!

年明け、 The Spirit of Englishのお知らせを載せました。 ご覧いただけましたでしょうか。 eigo-no-izumi.hatenablog.com 書きながら、 うーん、こういう方もいらっしゃるんじゃないの?って思いました。 ・自分の英語はここに行っても大丈夫なんだろうか …

2月12日(日)アンドリュー・ウォルパート Who am I and who are you?

お知らせ続きで恐縮です。 2月12日(日)、東京で、アンドリュー先生の講座が開かれることになりました。 2時間の講座で、性(ジェンダー)について焦点を当てます。 通訳は、不肖ながら、私(山上久仁子)です。 「!」「?」と、思われた方は、お気軽…

埼玉県蕨市 『えいごのいずみ蕨』 保護者向けシュタイナー教育勉強会 

4月から、埼玉県蕨(わらび)市で、小学生の英語クラスが始まります。 1年生、2年生、3年生、4・5年生(混合)の4クラスを開講予定です。 保護者のみなさまに、『えいごのいずみ』の授業体験と、シュタイナー教育について知っていただく会を開きます…

年も明けたばかりですが、夏の講座のご案内 The Spirit of English by Andrew Wolpert

去年の講座を覚えていらっしゃる方もおいでかと思いますが、 恩師のAndrew Wolpert 先生が、夏にロンドンで2週間の講座を開きます。 その案内が届きましたので、こちらに転載します。 参加する英語のレベルは、これを読める方ということになりますので、あ…

The Genius of The English Language Review(1)

1月の22、23、24日、そして30、31日と二週末に渡り、 アンドリュー・ウォルパート先生の講座が終わりました。 すっかりこちらに記事らしい記事を書けずにご無沙汰してしまいました。 当ブログは、「えいごのいずみ」ですので、The Genius of the …

来週1月30、31日 The Genius of English Language  あと7名です

先日お知らせしました以下の講座、ご好評いただいておりまして、 あと7名で締め切りになります。 アンドリューウォルパート先生 2016年特別講座 The Genius of the English Language 詳細はこちら 講座2 - マルガレーテ 英語の力強さ、美しさを詩から感じ…