読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

コミットとかマインドセットとか、まあ、要は、自分でやるのかやらないのか決めましょう。

長い題になってしまいました……。 わたくし、ひょんなことで、保育士の資格を取ろうと思い立ちまして、 「アナタデキル」ってとこの通信教育を申し込みました。 これが、先月の話。 今、保育士の試験は年2回で、4月と10月にあります。 全部で9科目。 半…

高校3年生、英語フツーです(2)

読むの遅いのね。そうですか。 これ読んでみて。どう? Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2) 作者: Arnold Lobel 出版社/メーカー: HarperCollins 発売日: 2003/02/18 メディア: ペーパーバック 購入: 4人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (…

高校3年生、英語「フツー」です

昨日、法事から帰ってきたら、 「あれ?」 息子がおらずに友達が一人で座敷で勉強しながら留守番してました。 息子は、犬の散歩に行ったそうな。ごめんね、Tくん。 「だいじょぶっす」いい子です。 息子から「こんどTに英語教えてやってよ〜」 と、言われて…

カラヴァッジョと「リフレクション」と「反省」

最近、大学4年の学生さんには、お題を出して、次回、その説明をしてもらう、というのをやっています。 自分がたまたま観に行ったので、いくつかのお題の中に Caravaggioを入れました。 今、カラヴァッジョ展が上野の西洋美術館で開かれています。 もう図録…

語彙を増やす 〜続TOEIC対策〜

昨日「Mocking Birdの進捗状況について書きます」と言いましたが、ちょっとTOEICの件、追記します。 えいごのいずみでは、いろいろな子を見てきています。 いわゆる「勉強の得意な」人は、自分なりに学ぶための工夫ができるし、好きですが、 「勉強が得意じ…

近況報告など〜TOEIC対策コース〜

Hi! こんばんは、とか、こんにちは、に比べるとHi,は便利ですね。 時間を選ばない。 あまりに書かないでいたのでブログの書き方を忘れた……のは嘘ですが、 書かないでいると書けなくなっちゃいますね。やはり毎日の習慣は大事です。 東京のトラム(都電荒川線…

バタバタです……。

すみません、すっかりご無沙汰してしまいました。 アンドリュー先生のまとめも、バタバタ忙しいので、 先延ばしになっていましたところ、 伯父が亡くなりまして、 先回、2月27日のTo Kill a Mockingbird の読書会もお休みになってしまいました。 今週3月…

TOEIC、5月の試験から新形式になる!

新聞を見ていたら、プレジデントの広告が、目に飛び込んできました。 あら!TOEICの形式が変わるんですね? PRESIDENT (プレジデント) 2016年 3/14号 [雑誌] 作者: PRESIDENT 編集部 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2016/02/22 メディア: Kindle版…

追悼:ハーパー・リー

読書会でTo Kill a Mocking Birdを読んでいます。今週27日は2回目です。 先週の金曜日、2月19日に著者のHarper Leeが亡くなりました。 恥ずかしながら、わたしは日本語訳の『アラバマ物語』も未読だったのですが、 読書会のために両方読みました。 To …

The Genius of The English Language Review(2)

正解はこれです。 youtu.be Humpty Dumpty sat on a wall Humpty Dumpty had a great fall. All the king's horses, And all the king's men, Couldn't put Humpty together again. 続いて次の手拍子。 こんどはこれでした。 Hey, diddle diddle, The cat an…

The Genius of The English Language Review(1)

1月の22、23、24日、そして30、31日と二週末に渡り、 アンドリュー・ウォルパート先生の講座が終わりました。 すっかりこちらに記事らしい記事を書けずにご無沙汰してしまいました。 当ブログは、「えいごのいずみ」ですので、The Genius of the …

来週1月30、31日 The Genius of English Language  あと7名です

先日お知らせしました以下の講座、ご好評いただいておりまして、 あと7名で締め切りになります。 アンドリューウォルパート先生 2016年特別講座 The Genius of the English Language 詳細はこちら 講座2 - マルガレーテ 英語の力強さ、美しさを詩から感じ…

2016 土曜日読書会:次回 TO KILL A MOCKINGBIRD 2月13日(土)朝9:00から

The Buried Giantを9日に読み終わりました。 最後まで、もやっとした、Kazuo Ishiguroらしいといえば、Kazuo Ishiguroらしい作品かも。なんて言っても、他には、Never Let Me Goしか読んでないので、こんな言い方をしちゃいけませんね。 この2作のエンディ…

英語の詩に触れる機会 1月30、31日

FeelingFortunes comeNew Year's mornclear, calmsky 昨日の宿題を出してくれた友人と私は、8年前のクラスメートです。 2007年、人智学のアンドリュー・ウォルパート先生が、東京で Spirit of Englishを1年間開講しました。 Spirit of Enlishは、人智学(…

短歌を英語にしてみる(2)

昨日の宿題です。 何となく、 今年はよい事あるごとし。 元日の朝、晴れて風無し。 私訳: Somehow I feel a good sign of this year. It is fine, calm with no wind, in the new year morn. mornってmorningです。よく詩には出てきます。 友人がフェイスブ…

短歌を英語にしてみる

先日、中学3年生とHolesを読んでいたら stare (じっと見る) という単語が出てきました。 思わず、 「はい、じゃ、石川啄木の はたらけど はたらけど 猶(なほ)わが生活(くらし)楽にならざり ぢっと手を見る これ、英語にしてみよー」 と、言ったら、す…

Happy New Year!

あけましておめでとうございます。 昨年度は、えいごのいずみにお立ち寄りいただき、また、お読みいただきましてありがとうございました。 本年も相変わらずご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 今日は実家で宴会なので、記事は明日から(^^) ナ…

The Buried Giant 12月12日のreview

来年にの1月9日へ、最終回を持ち越すことになりました。カズオ イシグロのThe Buried Giantです。 今回はPart IIIまでになりました。 The Buried Giant 作者: Kazuo Ishiguro 出版社/メーカー: Faber & Faber 発売日: 2015/03/03 メディア: ペーパーバック…

モチベーションについて(3)【美に打たれる体験】

モチベーションについて(1)で、 「好きだから」というのをあげました。 「好き」って素敵ですけど、 なんで好きなんでしょう? 『ハイキュー』の日向(ひなた)くんは、 小さいころに、宙に高く飛び、アタックする高校生のポスターに 心を打たれてしまっ…

忘れなかった!(効率のいい勉強の仕方)

昨日の続きです。 で、その結果どうだったか。 うっかり、わたしがもう一つ宿題出したのを忘れて もっと本の方を進めようとしたら、 「えっと、あれもやってきたよ、ほら」と言って、 本の中から抽出した文を参考に 英作文をしてくることになっていたのを 自…

なんで忘れちゃうんだろう?

中学生の男の子。 「本に単語の意味を書いていいとは言ったけど、 これじゃ多すぎて、真っ黒で、後で見るのいやになっちゃうから、 ノートに単語の意味を書き出そうね」と、言われたのに 翌週にはすっかり忘れてる。 おまけに今日は、本も、いねむりしてて、…

The Buried Giantを読むときに review of 28th of Nov. 参考図書&映画 【第九軍団のワシ】

28日の土曜日、大人の読書会行いました。 お一人のご参加。一人は仕事でお休み。 範囲はChapter IIの終わりまででした。 The Buried Giantは、イギリスの古い時代を舞台とする竜や妖精も出てくるファンタジーですが、読むときに基本的に理解しておいた方が…

English Reading Club 土曜日の大人の読書会とフェイスブックのグループ

カズオ イシグロのThe Buried Giant、読み切ってくるという目標をたてましたが、 メンバーは年末を前にお忙しい方もいらして、まだ終わっていません。 The Buried Giant 作者: Kazuo Ishiguro 出版社/メーカー: Faber & Faber Fiction 発売日: 2015/03/03 メ…

モチベーションについて(2)【英語を使っている自分のイメージを鮮明に持つ】

続きますと書いてから、なんと11月1日以降、こんなに放置してしまいました。続けて読んでくださっている方、すみません。それでも毎日、読みに来てくださる方がいらして、ありがたいことです。 ブログ放置中にもえいごのいずみの現場では、いろいろ面白い…

モチベーションについて(1)

とても忙しい大人の生徒さんがいらっしゃいます。 お勤めをされていて、 長期の休みをとるのは難しい。 とても真面目な方です。 「こうして勉強しているけど、英語を使う明確な目的がないのにやりつづけるモチベーションを保つのが難しい。長期の旅行にも行…

大人の読書会:10月24日のレヴューと次回11月14日のターゲット

この間の読書会から、もう1週間がたってしまいました。Time flies. 先週10月24日(土)朝の9時から大人の読書会でした。 ricoさんだけのご参加とおもいきや、 「ピンポーン」 (宅急便かな?) と、思ったら、 前日の夜中にイギリスから帰国したクマー…

TOEICのリスニング対策

また、大学生の生徒がTOEICを受ます。 春、650点だったので、ここは800点越えを狙いたい。 Volume 6の問題集はもうやってしまったし、 わたしの持っているEnglish Journalも全部聞いてしまった……。 リスニングがもう少し上がらないと、 点数アップが望めませ…

100回の聞き方

きのうの続きです。 最初に100回聞く「ねらい」を書いておきます。 *************** 積極的な目的:教材と同じ発音ができるようになる 内容を覚えて、表現を自分のものにする。 おまけの効果:英語を英語で聴けるようになる 必要な単語が飛び出して聞こえ…

100回聞いてみると、起こること。

ありがたいことに当ブログを見て、 一念発起して習いに来てくださったマダムがいらっしゃいます。 いろいろやってみたけど、ここにかけてみようと思った、と、大変ありがたいお言葉。 英語で内容をまとめてくるのは、本当にお上手です。 あとは会話です。 **…

review: A Walk Among the Tombstones on Oct.10 and next on Oct.24

朝の9時から、クマーリさんとリコさんのお二人の参加で、 A Walk Among the Tombstones の読書会を行いました。 リコさん、ほぼ読了。あと数ページ。 クマーリさん、チャプター2。 さて、今回は一冊読んでくることになっていましたので、 まず、わたしがざ…

TPP大筋合意……。若者よ、英語を読んで書けるようになれ!

うーん。 いつも学生には言いながら、こういう脅し的なことはいいたくないよなーとも同時に思っているのですが、 TPPが動き出せば、いろいろな動きが早くなり、 書類はみんな英語になってくるでしょう。 以前、IT系の工場で勤めていたときにも(20年前です…

10月10日(土)大人の読書会は A Walk Among the Tombstones

来週土曜日、10月10日 朝9時〜から読書会です。 ご案内は一番下にありますのでごらんください。 今回は、一冊全部読んでくることになっています。私も ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズ #10の A Walk Amond the Tombstones 読み終わ…

大人でも伸びる

運動部を引退した中三が、この連休をあけて来たら、先週よりなんだか大きくなってました。 そう、中学生や高校生って、1週間で急に大きくなったりするんですよね!! 大人は、そういうわけにはいきません。 もう「大きい」ですからね。 勉強も、みんな忙し…

まみむめも、言えますか?

Mの発音は、上下の唇をちゃんとぴったり合わせるのが大事ですが、 案外難しいという人もわりと多いのがM。 日本語の「まみむめも」を言うときに、 口を開けたまま、 軽く上の歯を下唇につけるだけで、 済ませていませんか。 例えば、 「スマップ」が、ちょっ…

Holesの中の1文で (ある日の中学生の授業)

夏休み明け、宿題を出しておくと、普通はやってきます。 でもみんながそうだというわけでもない。 できないわけじゃないのに、やってこない子もいます。 こういう人には、「なぜやってこないの?」と、聞いてもしょーがないんですが、 つい聞いちゃいますね…

土曜日、大人の読書会 9月〜10月の予定(1)

さて、9月の大人の読書会は、一応おやすみです。 一応、というのは、読書会そのものはありませんが、 10月の10日(土)までにこれを一冊読んでくるのが課題です。 なので、参加者は、しっかり自分で読まないといけません(笑)。 休みじゃないのです。 …

Alice Munro DEAR LIFE 読了

ぼやぼやしていたら1週間たってしまいました。 先週土曜日、Alice Munro DEAR LIFE 読了しました。 最後の4編はMunroの思い出話で、小説ではありませんでした。 Munroは、最終編のDEAR LIFEと、その前のVOICESでは、自分の母親について、少し厳しい視点で…

fingerって全部で何本?

finger? 指でしょ。 手と足、全部合わせて20本でしょ。 ブブー。違うんです。 ************************************* 高校生の息子の夏休みの宿題に Man from the South Roald Dahl が出ていました。 Man from the South (A Roald Dahl Short Story) 作者…

買って来た本 & Alice Munro 最終回

夏休みバージョンが続きましたが、 ようやく本屋が出てきたところで、読書の秋へ方向転換。 もっと本を買いたかったのですが……荷物になるので自重しました。 買ったのは、この4冊。 左から Deepak Chopraは、街でDeepak Chopraのヨガスタジオを見かけたので…

夏休みバージョンおまけ:日本のマンガってほんとにすごい

Indigoという大きな本屋さんへ行ったのですが (Vancouverで最大らしい) Mangaの棚があって、そのラインナップにびっくり。 セーラームーン、ハガレン、進撃の巨人、フェアリーテール、ばらかもん、乙嫁語り、まだ出てからそんなに経っていないアルスラーン…

Whale Watching: 夏休みバージョンの終わり

さて、洗濯も終わり、 B&Bのマダムに予約を入れていただいて (ディスカウントになりました) Whale Watching に行きました。 ここで言う Whaleとは、シャチのことです。 Killer Whaleとか言われてきましたが、 一緒にボートに乗っていた生物学者のホリーは…

ドキドキ・レンタカー返却とUBCの人類学博物館

さすがに二人で運転しても900キロ走行は疲れまして、 次の日はゆっくり起きて、 洗濯と、車を返しに行きました。 橋で海を渡ってダウンタウンまで返しに行ったので、 距離は5.5キロでも、 渋滞で40分以上かかりました。 なんと4時に閉まってしまうので…

バンフからバンクーバーまで、900キロ

バンフではこちらのお宿にお世話になりました。 若い日本人のご夫婦のB&B(Bed & Breakfast)です。ご存知の方も多いと思うのですが、日本で言えば民宿です。 朝ごはんのつく、小規模なお宿です。 夏のヴァンクーバーや、バンフは、今が夏の最盛期なので、ホ…

バンフ

VancouverからBanffに移動して、 翌日は、 悪天候の中、ラフティング。 氷河から昨日溶けた水が流れ込んでいる河で、水温4〜7度だそうです。 襟首からも水が入り、 ぎょえー!冷た〜い!! 凍えました。 ヘルメットで、だれだかわかりませんが、長袖を着て…

トラベル、トラブル

今日はバンクーバーからカルガリーへ飛んで、そこからレンタカーでバンフに来ました。 日本語の指示も出るナビつきの車を予約していたのですが、 渡された車を見たら、 げえ、トヨタのミニバン。 こんなに大きいのは運転したことがありませんし、頼んだのは…

バンクーバーに来ています

カナダのバンクーバーに来ています。家族旅行です。 バンクーバーは四半世紀前に、1年間留学していた街です。 ここのところ、夏に行った外国が、 イギリスとアイルランドで、夏ともいえない気温だったのと、 天気予報を見ると、最低気温が15度くらいとあ…

「持ち家が欲しい」の「家」は、house? home?

超初心者向けメルマガで、出たご質問です。 持ち家、って言いたいのですが、 my own house でいいですか。 はい、正解です。 my home は、だめですか。 残念ながらダメです(^^) 日本語では家を建てることを、「マイホームの夢が叶う」なんて言いますよね…

個性の把握:シュタイナー教育の四気質

その人の個性に合わせた授業内容になるべくしたいので、 シュタイナー教育で学んだ四気質も参考にします。 これは観察によります。 気質には4種類あって、 多血質 胆汁質 憂鬱質 粘液質 多血質は、 色でいうと黄色、 蝶々のように、次から次へ関心が移って…

リアルの授業:占星術チャートの利用

先日、 このブログを読んでくださって、 「英語をなんとかしたい」と思われた方が、 体験レッスンにお見えになりました。 ありがたいことです。 体験レッスンでは、 英語で話したり、 本を音読していただいたり、 お仕事の内容と英語の関係も含めて なぜ英語…

超初心者用メルマガ講座10回を配信してみて

超初心者用、と、銘打って、メルマガ講座を10回配信してみました。 みなさん謙虚なので、「超初心者」としておけば、入りやすいだろう、と、思ったのです。 で、確かに超初心者の方が多く参加してくださっています。 いやー、作って良かったと思いました。…