読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

The Luminaries 占星術とキャラクター設定

Luminaryとは、西洋占星術では、光を発する天体を言い、太陽と月を指します。

 

巻頭のCharacter Chartを見ると、

 

Stellar(星の)に12人 → the signs of tha zodiac 

Planetary(惑星の)に7人、

Terra Firma(大地)に1人

 

Partごとの円形のチャートを見るとわかりますが、登場人物と黄道12宮は、このような対応です。

 

Te Rau Tauwhare                                      Aries             牡羊

Charlie Frost                                             Taurus     牡牛

Benjamin Lowenthal                 Gemini     双子

Edgar Clinch                                             Cancer          蟹

Dick Mannering                                        Leo     獅子

Quee Long                                               Virgo      乙女

Harald Nilssen                                          Libra      天秤

Joseph Pitchard                                      Scorpion         蠍

Thomas Balfour                                       Sagittarius   射手

Aubert Gascoigne                                    Capricorn    山羊

Sook Yongsheng                                      Aquarius        水瓶

Cowell Devlin                                            Pisces      魚

 

惑星(これは、Part1までの本文に直接の言及はありません。私の考えです。)

 

Walter Moody                                            Mercury             水星

Lydia (Wells) Carver                                   Venus                金星

Francis Carver                                           Mars                  火星

Alistair Lauderback                                   Jupiter               木星

George Shepard                                        Saturn               土星

Anna Wetherell                                          Sun/Moon

Emery Staines                                           Moon/Sun

 

Terra Firma                                                                          大地

Crosbie Wells                         

 

 

最初のチャプターの副題は、Mercury in Sagittariusです。

Thomas Balfour (Sagittarius) のテリトリーに Waler Moody (Mercury)が入ってきて、話をさせられることになります。

 

12宮や惑星の象徴する意味を知ってこの配役を読むと、なるほど、と、思います。

 

例えば、12宮で、牡羊は、生まれたばかりの原初の宮ですが、Te Rau Tauwhareは、マオリで、ニュージーランドではプリミティブな存在です。Charlie Frostは銀行員で、牡牛の象意の一つとして、お金があります。Devlinは聖職者なので、魚座は妥当。

 

Thomas BalfourがSagittarius(射手)なのは、もう一応、一通りのことを経験してきて、多くの人との交流の中で、自分を高めていく意欲のある人。船のエージェントとして意識だけが外洋に向かっています。火の柔軟宮、自分の中で盛り上がって、拙速に物事を判断しがち。悪気はないけど、ちょっと雑なところも見られます。

 

Walter Moody はこの中では若く、知性(水星)を持って言語(水星)を操れる青年です。好奇心もあります(水星)。Lydia Carverは、魅力的な女性(金星)です。

 

こんどのchapter、Jupiter in Sagittariusで出て来るAlistair Lauderbackの影響はCommandですが、木星は神話ではギリシャ神話のゼウスにあたりますから、そういう意味ではCommand=木星と捉えられるのか?Lauderbackは、野心家、拡大路線だし……(木星は拡大)ゼウスはニンフなど、妻以外の女性とも浮き名を流します。

 

今のところ、謎は、太陽と月、大地でしょう。