えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

読むためのツール:付箋(2)

登場人物の多い長い話のときは、その人物紹介が出てきたときに特徴などを書いて貼っておきます。年齢とか、風貌とか。雰囲気とか。

 

f:id:bushfuchsia:20150128135444j:plain

f:id:bushfuchsia:20150128135453j:plain

 

ミレニアム・シリーズ(『ドラゴンタトゥーの女』のシリーズ)は、だいたい登場人物の説明がまとまって出て来るところがあるので、そこへfull nameで書いて貼っておきます。スウェーデン語の名前なのでなかなか覚えられないのです。また、full nameで書いておくと、ファーストネームでもラストネームでも出てくるので、助けになります。

Lundinは「ポニーテールの男」として出て来るので絵もつけています。

思い出しました。この人、下っ腹が出ているんです。大文字のCみたいなのはそれです。

 

f:id:bushfuchsia:20150128135521j:plain

 

名前で判別がつかなくなりそうなときは、性別もメモしておきます。

 

f:id:bushfuchsia:20150129102942j:plain

 

何をした人か。

 

f:id:bushfuchsia:20150128140011j:plain

 

 

時系列が捉えにくいとき。付箋でおいかけて行きます。

 

f:id:bushfuchsia:20150128135647j:plain

 

 

 

短くても鍵になりそうなchapterには横に付箋を貼っておきました。これはLife of Piですが、短いchapterほど、あとで効いてくるので、気をつけて読んだほうが良い本でした。

 

f:id:bushfuchsia:20150128135551j:plain