読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

ちゃんと読めてるのかな

英語を日本語と同じように読めるようになりたい

みなさまからご心配のお言葉をいただきまして、ありがとうございました。

体調も少しずつ復調してまいりましたので、また始めます。

よろしくお願いいたします(^^)

 

******************************

 

 

「英語を日本語と同じように読めるようになりたい」を読んで、

チャレンジしてくださった方々から、

 

「ちゃんと読めてるのかなあ」というお声を聞きます。

 

いちいち辞書を引かなくていい、と、何回も書きましたので、

なんだかよくわからなくても、どんどん先へ行っている、と。

 

「それでいいの?」

 

または、寝ながら読んでるときなんか、もうよくわからない、とか。

 

はい、それでいいのです。

 

とりあえず、それで1冊読んでみて、

ざっくり、どんな話だったのかがわかれば、それでかまいません。

 

Charly and the Chocolate Factoryで挫折して違う本にした、という方もいらっしゃいました。

 

Roald Dahlは、けっこうダークだし、そんなまわりくどい言い方しなくても、とか、

ひねりも効いてるところがあるので、向かない人もいるかもしれません。

 

それでAnn of Green Gablesにしたそうですが、良い選択でしょう。

 

 

Anne of Green Gables

あ、Margaret Atwoodが序文を書いている!

 

話がずっと素直ですから。

 

*****************

 

私が最初、ハリーポッターを読み始めたときも、

全部理解して、きちんと読めていたかというと、

決してそんなことはありませんでした。

 

なんとなく、話の輪郭が、ボーッとしたところも多いまま読み終わり、

読んだ読んだ、と、悦に入っていたところもあったと思います。

 

1年後に翻訳が出ると、こどものために必ず買うので、

そのとき読めばいいや、と、思っていましたが、

どうも、それでもう一度読むようなこともなかった気がします。

 

7巻(最終巻)まで来ても、どうもよくわからないところがあって、

ハリーポッターのファンサイトみたいなところに、

書き込んで聞いた覚えがあります。

 

ああいうところは親切で、

下手な英語で聞いても親切に答えてくれる人がいるのです。

 

確か……戦いの最中に、ネビルのところにどうしていきなり剣が出現したのか、ということだったと思うのですが……。

ずいぶん前のことで、詳しくは忘れてしまいましたが……。

 

こんな読み方でも、どんどん読んでいくうちに、

推測できる言葉の数も増えていきますし、

もちろん辞書を引くときもありますから、

知らず知らずのうちに語彙が増え、

読めるようになっていきます。

 

だんだん、ざっくりではなく、もっと詳しく、くっきりと読めるようになってきます。

 

前にも書いたかもしれませんが、

子どものころに日本語の本を読んでいたことを思い出せば、

辞書を引き引き読んでいた人は、ごくごく少数派なはずで、

知らない言葉を推測しながら読み、また、読んでいるうちに、

どんどん大人の本へとレベルアップしていったはずです。

 

北杜夫の『ぼくのおじさん』だったように記憶していますが、

小学生のころ読んで、

「わからない言葉は辞書をひきながら読め」と、書いてあったのを見て

(はあ?そんなことやってられるか)と、思ったのを今でも覚えています。

 

ズボラ読みでよし。どうしても知りたい単語は、辞書を引く。

その積み重ねで読めるようになります。

 

その代わり、続けるのが大事です。

 

Margaret Atwood

The Handmaid's Tale: A Novel

25年前、挫折した本。読んでみましょうか。

なんかでもちょっと気持ち悪い話だったような……。