読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

TOEIC対策(1)リーディング

教えている大学3年生のTOEICの点数をあげるべく、

この1ヶ月対策をたててやってきました。

 

ついでに私も今日、受けてきました。はー、もう、目が疲れた。

 

彼女の今の点数は、去年受けた500点台です。

なんとか600点台に持っていきたい。

 

 

まず、TOEIC公式問題集を買って練習します。準備には必須です。

これが、最新版です。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

TOEICは、リスニングとリーディングで、テストが構成されています。

 

 

テスト自体はリスニングから始まるのですが、リーディングの話から。

 

 

彼女も、多読はずっとやってきたので、読むのはかなり速くなってきました。

 

TOEICのリーディングは、時間配分が大事です。

うまくしないと、最後の問題まで解けません。

 

多読をしていると、Part7(長文読解)が、一番簡単です。

 

長い文章を速く読めるのがアドバンテージなのに、

最後の文章までたどりつけないと、もったいないことになります。

 

 

リーディング・セクションは、75分です。

 

Part 5、短文穴埋め問題を14〜15分、

Part 6、一つの文章の中に3箇所の穴埋め問題 x 4題に5分、

ここまでを一気に20分で片付ければ、

 

あと55分あります。

 

つぶやき……と、思ってましたが、今日は20分じゃ終わりませんでした。練習ではできてたんですけどね。リスニングの後だと、ちょっと疲れてて、Part7が45分くらいになってしまいました。

 

 

Part7が長文読解(といっても大したことはない)です。

 

13問くらいありますが、

 

ひとつの文章に対して、設問が、

 

2問のものを1分〜1分半、

3問の問題を2分、

4問のを3分(ものによっては2分)、

5問のを6分、と、だいたいあたりをつけておきます。

設問が5問のものでも、タイムテーブルなどが問題文のものは、

読む時間が大幅に減るので、3分くらいあればできます。

 

この時間配分で、だいたいやっていくと、

最後の1問に7分〜8分くらい使っても、全部の問題に回答できます。

 

Part7は、文章そのものを速く読めれば、実は、そんなに難しくありません。

 

むしろスピードを問われるPart 5と6を、

時間内に、どのくらい正確に回答できるかが、キモになってきます。

 

 

実は私もここが苦手なので、これを買いました。

 

 薄くて、良いです。700円+税。

本の構成も、時間配分や、答えの配置など、勉強しやすいよう、工夫が随所に見られ、とても使いやすいドリルです。

 

 

以前、これを買ったのですが、分厚くてやりませんでした。 高いのに(苦笑)

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6 (イ・イクフンのstep by step講座)

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6 (イ・イクフンのstep by step講座)

 

 

このくらい厚さが違います。

f:id:bushfuchsia:20150318182736j:plain

 

高得点を目指す方は、やはり問題をたくさん解くのは大事なので、薄いのを終わったら、厚いのを買うのもいいかもしれません。

 

語彙力が足りない人は、公式問題集1冊を、わからない単語がなくなるように、何回もさらうのがコスト的にも一番良いと思います。

 

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

さらう、というのは、昔っぽいかな。

ここでは問題を解く、ということですが、

 

・わからない単語には消せるマーカーやペンで印をつけます

・問題をといて、単語の意味がわかったら、色を消します

・問題集から色がなくなるまでやります

 

 

TOEICの勉強は、つまらないので(主観です)、試験前に1ヶ月くらい集中的にやるのが良いと思います。

2時間ぶっつづけなので、体調管理も大事です。

 

長くなりましたので、リスニングは別に書きます。