読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

大人の読書会:10月24日のレヴューと次回11月14日のターゲット

この間の読書会から、もう1週間がたってしまいました。Time flies.

 

先週10月24日(土)朝の9時から大人の読書会でした。

ricoさんだけのご参加とおもいきや、

 

「ピンポーン」

 

(宅急便かな?)

 

と、思ったら、

 

前日の夜中にイギリスから帰国したクマーリさんが現れて、びっくり。

すごい体力、気力です。ありがとう、クマーリさん。

 

さて、課題は、Kazuo Ishiguro  THE BURIED GIANTの第一章まで読んでくることです。

 

The Buried Giant

The Buried Giant

 

 

前回の A Walk Amoung the Tombstonesは、簡単だった、というお二人です。

このくらいの課題はなんなくクリア。

 

で、

ここまでで、この物語のテーマはなんでしょう?という問いをたてて、出してもらいました。

 

・Love between a/the couple

 

Enigma of people's losed memory and the mist

 

・Adventure / Quest

 

・Community and the outsiders

 

 

それから、どんな最後になりそうか、というのも予想してもらいました。

 

よくあるこうしたquest型のように、出発して、仲間と出会って、成長して、帰っていく、というものになるのか、どうか。

 

良い意味でKazuio Ishiguroが期待、予想を裏切ってくれる方が、もちろん面白いので、どんな展開になりますかどうか。

 

 

この読書会もスタートしたのが2013年の4月ですから、かれこれ2年半くらいになろうとしています。気がつけば、それなりに読んできました。

 

The Buried Giantも決して難しい本ではありません。

 

次回は、11月14日(土)です。

3週間あるので、さて、どのくらい読んでこられそうか、自分でターゲット設定してください、と、言いました。

 

逡巡の末、

 

14日までに全部読み切ってくる、ということになりました。

 

お二人の実力なら、無理なくできると思います。

もうここまできたら、あとはどのくらい日本語のリーディングスピードに近づけて、そのことについてアウトプットも英語でシームレスにできるかどうか、というのが目標になってきます。

 

最初は、ペーパーバックを読み切ってみたい、というところから始めましたが、

やはり継続は力なりですね。

 

 

その次の本もそれまでに決めなくてはいけないのですが、

うちにある本をいろいろお見せして、説明して、その中の一冊

 

Ismael Kadare

THE FALL OF THE STONE CITY

 

が、ひとまず候補になっています。

 

わたしの課題は、これをまず読んで、説明すること。

(持っていましたが、全部読んでないのです……)

 

The Fall of the Stone City

The Fall of the Stone City

 

 

イスマエル・カダレは、アルバニアの作家で、ノーベル賞の期待も高い、稀代のストーリーテラー……らしい……です。

 

今、chapter12まであるうちのchapter4まで読み終わりましたが、

えーと、Kazuo Ishiguroの方が、個人的には好みです。

Kazuo Ishiguroは、翻訳物でないので、英語のリズムが良いのもあるでしょう。

 

1943年、ナチの侵攻を独特な視点から書き出しています。小説です。

アルバニアというのはギリシャのすぐ上なので

地政的にはとても危なっかしい場所にあります。 

f:id:bushfuchsia:20151031140714j:plain

 

うーん、これを次の本にするかどうか、どうしよう。悩む……。

もう少し読んでみます。

 

 

大人の読書会は、どなたでもご参加いただけます。

11月14日(土)朝 9:00〜10:30

こちらを最後まで読んでご参加ください。

参加費は3,000円です。

The Buried Giant

The Buried Giant

 

 90分間、すべて英語で話し合いをします。

レベルは中〜上級とお考えください。

場所は都営三田線本蓮沼駅近くやまがみ自宅です。

お申し込みいただいた方には詳細をお知らせします。

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ。

お問合わせ・お申し込み - eigo-no-izumi ページ!

 

フェイスブックのメッセージでもOKです。

https://www.facebook.com/kuniko.yamagami