えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

霞とか、靄(もや)がかかってる感じ

このブログを読んでくださって、来てくださっている50代の女性の生徒さん。

 

もうこれで3冊目の本になりました。

 

Flowers for Algernon

Flowers for Algernon

 

 

アルジャーノンに花束を』は、最初の方は、綴りや文法がまちがっているので、この言葉は???と、推測しながら読まないといけませんから、そこがけっこう大変です。

 

真面目で、できるようになりたいと思う方ほど、

「なかなかできるようにならない!」と、

焦ります。

 

彼女がおっしゃるのに

 

「ディテールを読みきれない」

「ちゃんとわかってない感じがする」

 

うーん、よくわかります。

 

わたしも早く内容を知りたいばかりにハリーポッターを辞書なしでどんどん読み始めたころ、なんだか話の輪郭がハッキリせず、また、話をぼんやりとしかつかめず、

モヤモヤした気持ちになりました。

 

「読めてるのか?」

 

こういう段階のときは、とりあえず、それで良いのです。

それでも読み続けます。

 

自分に言ったのは、

「でも話の大筋の捉え方は、まちがってないからいいや」

「おもしろいと思ってるよね?」

 

また、HOLESを最初に読んだのは8年前くらいでしたが、

3年前くらいに読み直してみたら、ああ、こういう話だったのか、と、

ディテールまで、良くわかりました。

 

そして、「あー、以前は、全然読めてなかったのね」と、思ったものです。

 

 

最初はモヤモヤしていてもかまいません。

大筋が把握できていれば、よしとします。

 

ディテールにとらわれすぎて、読まないよりも

最初はザクザクでも読書体験を重ねていくと、

まじめな人はそれなりに辞書もひきますから、

しらないうちに単語の量も表現への理解も進んでいきます。

 

だからモヤモヤしている時期があっても

それで良いのです。

 

大事なのは続けて読むことです(^^)/

 

そのうち、ズバッと霧が晴れるときがきます。

この方には、「60歳になったとき、その状態になるの、どうですか?」と、提案しました。「それは、うれしいかも」とのお返事。

 

50代でもまだまだ進歩していくのって素敵です。

 

 

 

⭐️えいごのいずみへのお問い合わせはこちらからどうぞ。⭐️

 

お問合わせ・お申し込み - eigo-no-izumi ページ!