読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

大学のTOEIC特別コース (500~600点代)(1)

ある大学で前期、10回のTOEICコースを担当させていただいて、先日終了しました。

 

 最初、TOEIC500点代の人を10回で700点に、という無茶な設定でしたが、

蓋を開けてみれば、650くらいに……というお話。

 それならできないこともあるまい、と、思ってお引き受けしましました。

 

内容 

・小説を読み、要約するのが、毎回の宿題。その添削で弱点を克服する

・模擬テスト 3回

・1回目の模擬テストの後、個別指導

 (これは慌ててやりました。同じ点数帯でも人によって弱点が違うのがわかったからです。)

 

教材

学校にお願いしたらそれぞれに買ってくださったのが

・HOLES (本、CD)

TOEIC公式問題集 2冊

これを「ラッキー!」と思える学生が8人参加してくれました。

全部で9,000円超えるくらいの教材ですからね。すごいです。

 

【1】HOLES

これを4回までにsummarize(要約)しつつ読み切る、というのを課題にしましたが、

10回かかりました。

そして残念ながら最終章までsummaryを出してくれた人はいませんでした。

HOLESは50章なんですが、47章の途中までが最高。

やはり読む練習と書く練習の量が足りないのがわかります。

 

でもこの最後までがんばった学生は、要約の仕方がかなり上手くなりました。要点をつかめるようになってきたのです。また、文法的な誤りもかなり減りました。

 

summaryの添削をしていて概ね共通する問題点です。

【文法】

・簡単な動詞の過去形などを間違える。ex. puttedなど

・時制:一つの文の中に違う時制が混在してしまう。

    過去形にするのか、現在形にするのかの判断ができない。

    時制が曖昧なので、仮定法もわからない。

・他動詞、自動詞、それに伴う前置詞のチェックが甘い

 

【解決方法】

・動詞の活用に関してはもう一度中学・高校の内容を復習すれば OKです。

 たいした量ではないので、すぐ終わります。

・時制 

 『マーフィーのケンブリッジ英文法』を勧めました。マーフィーは、自分の不得意なところ、不安なところだけ狙って勉強できるのが良いのです。ガッツのある人は英語版を使った方がなお良いです。

 

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)

 

 

マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)

マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)

  • 作者: マーフィー,William R. Smalzer,Raymond Murphy,渡辺雅仁,田島祐規子
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 3人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

・他動詞・自動詞と前置詞のチェック

この間も書きましたが、辞書をマメに引きましょう。

ウィズダムやジーニアス、ロングマンなどの学習者向けの辞書は、よくある間違いの「これはやっちゃだめ」というのを載せてくれています。詳しくは以下の記事へ。

 

eigo-no-izumi.hatenablog.com

 

 

これらをやればかなりの弱点はカバーできます。

 

続きます。

 

**********

 

上記の本です。

 

Holes

Holes

 

 

 

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

 

 

 

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

 

 

⭐️えいごのいずみへのお問い合わせはこちらからどうぞ。⭐️

 

お問合わせ・お申し込み - eigo-no-izumi ページ!