読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

大学のTOEIC特別コース (500~600点代)(2) 公式問題集 Part5 & Part6 【時間配分!】

f:id:bushfuchsia:20160724174444j:plain

 

【2】TOEIC公式問題集 Part 5 & Part 6

 

今回のクラスは、Listeningはまあまあできるのに、Reading Section が苦手な人が多かったので、Reading に特化して行いました。

 

TOEIC公式問題集Vol.5のTEST1、2、Vol.6のTEST1を時間を測りながら、計3回。

 

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>



やはりここで大事なのは、時間配分です。

 

Reading Section は、全部で75分、

Part 5、6、7に分かれます。

 

【時間配分】

Part 5 15分(40問)

Part 6  5分(12問 4問に小問が3題) 

Part 7 55分

 

 

Part5の1問にかけて良い時間は、

1問 約20秒です。

 

この20秒で解く、という感覚は、何回も自分で時間を測りながらやってみると、わかってくると思います。また、何回かやっていると、問題を全部理解できなくても、解答できるものがあるのがわかります。

新形式では、Part5の問題数は少なくなりますが、今年度いっぱいIPで受ける人は、もう少しこの問題数でがんばらなくてはいけません。

 

40問もあるので、何も意識していないと、だんだん息が詰まってきます。

1問ずつしっかり息を吐きましょう。

息は吐くことだけ意識すれば、入ってきます。

呼吸をコントロールするのは、とても大事です。

 

できなかった問題には、フリクションペンでマークをつけ、

意味を知らなかった単語もフリクションペンで色塗りします。

 

 

一度やった問題も、何度も解きます。

5回もやれば、見えてくるものがあるはずです。

意味の分からなかった単語は、覚えたら色を消します。

色が全部消えるまで、解きます。

 

Part 6は、5分で12問ですから、

1問に割ける時間は、25秒です。

 

だいたい、Part5と同じですね。やはりこちらも何回も解き、問題中の知らなかった単語はマークし、色がなくなるまで問題を何回も解きます。

 

***********************

 

初日に学生にアンケートをとったら、「海外で仕事をしたい」「英語を使って仕事をしたい」と、8割くらいの人が書いていました。

 

TOEICは、「英語で仕事をするときに、このくらいは出来て欲しい」という標準レベルを測る試験でしょうから、普通に大人として仕事をするには、このくらいのスピードで読み、答えることが、最低限要求されていると考えていいでしょう。ですので、決して普通より速いスピードを要求されているわけではありません。

 

これが日本語だったら?一緒の現場で仕事をする人には、ある程度のスピードで正しく読んで理解して欲しいと思いませんか?話をしてすぐに通じないのは困りますよね?

 

そう想像してみれば、当然、求められる程度の速さでしかありません。英語を使って仕事をしたいのであれば、ここは突破しましょう。

 

長くなりましたので、Part7は明日に続きます。

 

 

時間配分の記事はこちらにもあります。 

eigo-no-izumi.hatenablog.com

 

 

 

 

⭐️えいごのいずみへのお問い合わせはこちらからどうぞ。⭐️

 

お問合わせ・お申し込み - eigo-no-izumi ページ!