えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

大人の多読は、「ある程度行ったら、ジャンプ!」

通訳の現場などに行くと、

「どうすれば英語ができるようになりますか」

と、聞かれることは、多々あります。

 

以前、工場などへ出かけることが多かったときは、取引先の外国人と話さずに

「どうやって英語を勉強されたんですか?どうすれば、できるようになるんですか?」と、とても熱心に質問攻めにするおじさまがいらしたりして、いや、せっかく取引先の方が今、いらっしゃるんですから、そんな話してる場合じゃないでしょ、って思ったり……。

 

今回も、会場で会った、しばらくご無沙汰してた友人が

「ひー、仕事で英語使わなくちゃいけなくなった、どうすればいいの?」って言うので

「多読!」

と、言い放ちました。

 

「だってThe Giverを読んでみたけど、全然語彙がなくて」

 

The Giver

The Giver

 

(買いましたが、この本、フォントが大きすぎる……。なんかフォント詐欺みたいな本の厚さ……。) 

 

そりゃそうだ。すらすら読めたら私にそんなこと聞かなくていいでしょ(^^)

幸い、この方は、1年後までになんとかすれば良いそうなので、

「なんでもいいから年間10冊読めばいいよ」と、言っておきました。

 

軽く言いましたけどね、大変ですよ、10冊。

 

最初は、パディントンとか、大草原の小さな家レベルでいいんです。

The Giverは、もっと簡単じゃないかな……。センテンスが超短い。

中身は濃そうですが。フォントもでかい(笑)大きすぎる。

 

A Bear Called Paddington

A Bear Called Paddington

 

  

Little House on the Prairie

Little House on the Prairie

 

 

最初はこれでいいです。でも、真面目な人ほど、その次も、同じレベルに留まろうとします。まだまだ、って思ったり、自分が子供のころ、日本語の本を読んできた段階を想定して、レベルを少しずつ上げていこうと思われるのでしょう。

 

でも、大人は子供と同じ時間を生きていません。子どもは成長段階に合わせて読んだ方が良いですが、大人は、ずっとたくさん情報を持っていますから、推測する力も子どもよりずっと強いのです。そして残されている時間もずっと少ない。ぐずぐずしてはいられません(笑)

 

ジャンプして大人向けの本を読んだ方が、自分のレベルにあった英語を使えるようになります。最初に1〜2冊、小学生レベルの上記の本、次にHoles、Star Girlなどのジュブナイルを読んだら、4冊目は、大人の本にトライした方が良いです。

 

The Martian

The Martian

 

 面白いです!

 

Never Let Me Go

Never Let Me Go

 

さすがのストーリーテラー、Kazuo Ishiguroです。 

 

Life of Pi

Life of Pi

 

 登場人物が少ないので、とにかく事象さえ追っていけば良い。

 

この辺、どうでしょう。

 

お好みもあると思いますが。

 

けっこう挫折するのがこれ。 

 

Flowers for Algernon

Flowers for Algernon

 

 

最初、必死で変な英語を推測しながら読んでいくと、チャーリーが頭良くなってきて、単語がやたら難しくなってくる……「もういや」って、やめちゃった人が今までに二人。すみません。

 

でも、話としては、世界的なミリオンセラーなので、読ませるんですけどね。

 

もう後は、個人的な好みですが、 

The Girl With the Dragon Tattoo

The Girl With the Dragon Tattoo

 

 (「メディア:図書館」ってなんだろう?調べてまた書きます)

 

これは最初さえ頑張れば(ここ大事)、後半はガンガン読めるので、サイコスリラーとか、ミステリーの好きな方にはオススメします。グロい話ですので、そこはお含みおきくださいませ。子どもには読ませられません。大人の特権。日本語の翻訳本に逃げても、登場人物の名前が英語読みとスウェーデン語読みで、混乱して「キーッ」ってなるので、日本語にも逃げられません。(ふふふ)

 

というわけで、大人の多読は、「ある程度まで行ったら、ジャンプ!」でした。

 

f:id:bushfuchsia:20160322155019j:plain

 

 

 

⭐️えいごのいずみへのお問い合わせ・お申し込み⭐️

お問合わせ・お申し込み - eigo-no-izumi ページ!