えいごのいずみ

英語教室 えいごのいずみのお知らせ & 英語をなんとかしたいあなたへ

紙?iPad?Kindle? ラダーシリーズを読むときのメデイア

今回、このラダーシリーズを提案してくださったときに、マダムがKindle を嬉しそうに持ってきてくださいました。

 

It is light!

 

あ、わたしのより小さい。わたしのは古いんです。いつ買ったんだっけ……?2、3年前?

Amazon CAPTCHA

 

f:id:bushfuchsia:20170720120404j:plain

左 iPadminiの第2世代。右 Kindle

 

暗いところで見るとこんな感じ。

f:id:bushfuchsia:20170720115433j:plain

 

実は、わたしが持っている上記の2つのデバイスは、そんなに重さは違いません。けっこうKindleも重いです。

 

今のiPadminiは298.8g、Kindleは161gですって。確かに軽い。

 

 

で、その次に来られたときは、

iPad miniを持ってらして、"I prefer this."と、おっしゃってました。

"This is bigger." 

"You mean the display."

"Yes."

試行錯誤中(^^)

 

わたしは、iPad miniの方が、ライブラリにある本を探すのが簡単なので、今までiPadの方をよく使っていたのですが、今回、ラダーシリーズを立て続けに読んでみて、Kindleの方が良いところもあるな、と、思いました。

 

辞書を引いたりするなら、iPad miniの方が、反応も良いし、自分の辞書も入ってますので、絶対良いのです。ググったり、mapにもすぐ飛べるし。

 

でも、辞書も引かず、寝っ転がってレベル3のホームズを読むくらいだったら、Kindleの方が、目の疲れは、断然、楽です。

 

それから、マダムが、(KindleまたはiPadだと)

”I feel stress, because I cannot know how much I have read." 

と、おっしゃったので、二人で笑いました。Kindleも何パーセント読んだって出ますけど、なんたって、目で見てどのくらい読んだか、あとどのくらいなのか、体感的にわかるのが、紙の本の良いところです。

それから

・書き込める

(メモ機能を使えば良いのだが、やはり紙に書き込むのとは違う)

・どのページのどの辺りに書いてあったのか、なんとなく覚えている

 

これらも紙の本の良いところです。iPadは、ものによっては、開くたびにページが変わってしまうので、あれあれ?と、わたしは思ってしまいます。

 

というわけで、まとめると、向き不向きはこんな感じです。

 

辞書を頻繁に引かなくてはいけないレベルの本

 紙の本 書き込める。どの辺りまでよんだか当たりをつけやすい。

     ページの位置で何が書いてあったか、体感的に記憶できる。

     既読部分をパラパラっとめくって確認するときは、紙の本が最強。

 iPad  Kindleの辞書 + インストールしてある複数の辞書が簡単に使える。

                  反応が早い。 ネットの調べ物もブラウザでできる。

 

辞書を引かなくても良いレベルの本

   Kindle

もちろん、Kindleも単語を抑えると辞書が出ますが、わたしのは古いので、反応が遅いんですね。新しいのならいいのかも。Kindleでも他の機種では、いろいろ解消されているんだと思います(^^)

 

なので、ざっくり言うと、簡単な本はバイス、少しチャレンジングな本は、紙がよさそうですね、ということになりました。

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

⭐️えいごのいずみ ホームページ⭐️

www.eigo-no-izumi.com